抜歯せずに矯正治療ができる立川の矯正歯科

抜歯しない矯正もある
歯並びが悪い場合、アゴのスペースが不足して歯が収まりきれずに乱れているという理由で、健康な歯を抜いてスペースを作り、残った歯をキレイに並べるという方法で治療する矯正歯科があります。
しかし、その方法だと、結局はアゴの自然な成長を抑えて骨を弱くし、顔のバランスを悪くすることにもつながります。
立川の矯正歯科では抜歯をせず装置を使ってアゴを広げ、よく噛める健全な発育を促進することによって歯並びを良くする治療を行っています。

負担の少ない小児矯正
立川の近藤歯科クリニックで行われている小児矯正は、早い時期から治療を始めて、取り外し式の矯正装置を使用しアゴを広げていきます。取り外し式ですから、食事のときも外せますし、歯磨きもしやすく、虫歯にもなりにくいのです。力も従来の装置よりも弱く、子どもにかかる負担が少なくてすみます。
少し成長した後、大人と同じように固定式の装置によって、歯を正しく並べていきます。

本来の自然な成長発育を促す
矯正治療で歯をきれいに並べても、食べ方、噛み方、舌の置き方などの生活習慣が悪ければ、装置を外したあとで元に戻ってしまいます。たとえ歯を抜いてスペースを作っていたとしても、また歯並びが乱れることもあるのです。
そのため、舌の置き方や噛み方などのトレーニングもあわせて行い口まわりの筋肉を正常に働くようにして、自然に歯並びの良さが持続されるようにします。
このように、立川の矯正歯科では、抜歯をせず、子どもたちが持っている本来の健全な成長を促す治療を行って、患者さんたちに喜ばれています。
PAGETOP