目立たない矯正治療を探そう

良い矯正治療を受けられる歯科とは
歯並びが気になるけど、歯にワイヤーを付けるのは、目立って嫌だと言われる方はたくさんいます。目立たないのであれば、矯正治療を受けてみたいと思っている人は多いのです。
ですから、「目立たない矯正治療」をアピールしている歯科はたくさんありますが、すべての歯科が良い歯科かというと、必ずしもそうとは言い切れません。どうすれば、良い矯正歯科を探せるでしょうか。

メリットとデメリットを教えてくれるか
立川の近藤歯科クリニックでは、目立たない矯正治療として、「裏側矯正」「マウスピース矯正」「床矯正」を挙げています。
しかし、メリットだけを強調するのではなく、デメリットも示してくれています。
「裏側矯正」は、歯の内側に固定装置を付ける方法です。この方法自体はいいのですが、費用がかかる点と、歯並びに重大な影響を及ぼす舌の機能を正しくしにくい点がデメリットです。
「マウスピース矯正」は、軽度な治療には向いていますが、重度の歯列不正には適さず、後戻りしやすいという欠点があります。

選択肢を与えてくれる歯科
目立たない治療として、立川の矯正歯科が勧めるのは、「床矯正」です。拡大装置で歯列を広げた後、歯並びを整える装置を付けますが、一本のワイヤーだけしか見えません。しかし舌の機能訓練も必要です。
このように、さまざまな歯列矯正の治療について、メリット・デメリットを示してくれ、選択肢を与えてくる歯科が良い歯科です。
一方的に治療法を押しつけるのではなく、患者によく説明して理解を得ることを重視する歯科を探すべきです。
PAGETOP